Author: cmpany | Date: 2013年12月7日 | Please Comment!

ビジネス英会話を上達させたいという理由で英語圏に留学をするという方は多いかと思います。しかし留学にはお金がとてもかかりますから、留学できる期間はかなり限定されてきますよね。長くて1年くらいだと思います。短い場合には1ヶ月なんていう場合もありますよね。しかし実際には1年ではやっと日常会話できるようになり、これからだ!という時に帰国を迎える事になるでしょう。1ヶ月なんてなれば、やっと英語に慣れて来たところで帰国になってしまいます。
なので留学前にはきちんと勉強をしてから行く事をおすすめします。しっかりと準備をして、自分の英語力を試すくらいの勢いでいけばその分短い時間でもとても充実させる事ができますし、英会話の上達も早いでしょう。また帰って来てからも、引き続き英語の勉強は継続していく必要があります。そうしないと英語はすぐに抜けて行ってしまうからです。
英会話を上達させるために留学にいくという方はこれらの事に気をつけてください。

TOEICの勉強をしても、選択式の問題である為、実際に話さず、実践ではうまく話せない問題を抱えています。英会話教室のベルリッツでは、英語の文法を覚えるのではなく、実際に話して勉強する事をすすめているのも、英語を話す感覚を体で覚えさせる方法を第一として考えているからです。
特に日本人は先進国の中で英語が身に付きづらいカテゴリーに含まれています。その理由が日本語と英語の文法の違いです。日本語の場合は主語が初めに来て、最後に動詞がつきます。しかし、英語は主語は同じ初めの部分でも、動詞はその次にくる形になっています。日本語の先祖と言われている中国や韓国語でも主語の後に、動詞がくる形になっている為、日本語で話している人では英語の話す手順を咄嗟に言う事は難しいと思われます。
故にTOEICの点数ではなく、実際に話したことのある経験者を優遇して採用する企業がいるのは、実際に仕事として話せる見込みのある人として見てくれるからであり、今後実践的に英語を話せるようになる為にも、TOEICの勉強だけに力を入れるのではなく、実際に自分が使う機会を増やしていくことが重要だと言えます。

 

Comments are closed.